北海道 旅行しま専科 TOP >  北海道旅行  >  北海道旅行 服装(夏)

北海道旅行 服装(夏)

北海道旅行 服装 夏の場合を解説します。

北海道の夏はそれなりに暑いです。35度以上になる事は非常に珍しいですが、札幌、旭川、帯広などは31度、32度になる事もしばしばです。だから、日中は半そで、短パンでも十分です。

本州に比べると湿度が低く、日陰に入るだけで、とっても涼しく感じます。ですから、ちょっとツバの広めなハット(帽子)をかぶると、かなり快適に過ごせます。

問題は、曇りの日や雨の日です。極端に温度が下がって、最高気温が20度台前半にもなりますので、長袖シャツに長ズボンも欠かせません。

風が強いと、より寒く感じるので防風素材の上着も有った方が良いでしょう。防水透湿素材のレインウェアがベストです。

アウトドア体験をするなら、上下セパレートタイプのレインウェアは必須。キャンプするなら薄手のフリースも有った方が良いと思います。山間部は、温度差が激しいので注意が必要です。

最も寒くなる側を基本にセレクトするのが良いでしょう。半そで短パンだけの北海道旅行は、天気のタイミングが悪いと、すごく寒い思いをする事になりますよ♪




コメント(0) | トラックバック(0) |2010年7月31日 09:26

北海道旅行 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masamine.info/mt/mt-tb.cgi/28

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





北海道旅行 服装(夏)