北海道 旅行しま専科 TOP >  北海道旅行  >  北海道旅行 服装(秋・紅葉)

北海道旅行 服装(秋・紅葉)

北海道旅行 服装 秋の場合を解説します。

9月も末になり、極端に暑かった2010年の夏も完全に終わり、大雪山系の黒岳や旭岳、後志地方の羊蹄山の初冠雪のニュースも届いています。霜注意報も出始めていますので、平地でもいつ氷点下に下がってもおかしくない状況です。

というワケで、秋の北海道旅行の服装ですが、長袖長ズボンは必須。ちょっと寒がりだと思うなら、長ズボンの下にヒートテックのタイツを履くと良いでしょう。

日中は10℃台後半~20℃台前半が多いので、長袖シャツ+薄手の上着で十分です。ただ、風が吹くと極端に体感温度が下がりますので、フリース若しくはスウェット、さらにウインドブレーカーがあると安心です。

もし、1,000メートル以上の山で紅葉を見るなら、タイツ、フリース、ウィンドブレーカーは必須です。おすすめは、ウィンドブレーカーの代わりに、上下セパレートのカッパが実用的です。

私は、比較的リーズナブルなonyone(オンヨネ)のカッパを使ってます。

>>>ONYONE レインスーツ

かなりコンパクトになりますので、持ってると安心ですよ♪




コメント(0) | トラックバック(0) |2010年9月28日 08:23

北海道旅行 の関連記事

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://masamine.info/mt/mt-tb.cgi/39

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





北海道旅行 服装(秋・紅葉)